10年間の固定価格買い取り期間終了後、48円だった買取価格が1/7の7円まで大幅に下がることから、「2019年問題」「卒FIT」と言われています。2019年、売る時代は終わりをつげ、太陽光発電で創った電気で自宅だけではなく電気自動車の電気までまかなうことで電気の自給自足の暮らしが実現します。昼間、太陽光発電で発電した電気を蓄えておいて、夜間に電気自動車に電力を移動させることで、日々の電気自動車のエネルギーが自給自足できますので大変経済的です。